山本 有助  










そろそろ、本当の旅の話をしよう。
「トリップ、トラベル、
ジャーニー、ヴォヤージ、、、」
ありふれたワードではなく、
自分達の言葉で。

やまもと ゆうすけ 無職 50歳
パンダトラベル 主席アンバサダー

<自己紹介>

シアトル、香港、

シンガポール、東京、

シドニー、湘南。

異なる文化、環境の中、

旅行会社での経験を経て、

外資系クルーズ会社の

日本オフィス代表へ。

25年以上、ホスピタリティ

インダストリーに関わる。

現在、無職。

感じてほしい、、
スマホやモニターの外に
何があるのかを、、、

ふかふかのベッドに、プライベートプール。

水平線に沈む太陽に、南洋植物の影。

程よく冷えたスパークリングに、

マーブリングスタンダードNo.12のステーキ。

ネットにはキラキラがあふれている、、、

ただ、それは、あなたではない、

 

他の誰かの旅の

 

一部のキリトリにすぎない。

その時、その瞬間の幸福をだれかに伝えたい、、、

 

ただ、やり方がわからないのだ。

 

ネットにキラキラの

 

写真や動画を上げること以外のことが。

高価なホテルに泊まり、

高級なワインを楽しみ、

だれもができない体験を

享受している自分を、SNSで披露する。

これが、良質な旅を伝える最上の方法だと、

だれもが思い込んでいるのかもしれない。

その旅には匂いがあり、熱があり、風がある。

その旅には出会いもあり、トラブルもある。

その旅には始まりがあり、終わりがある。

ネットやテレビで

すべてを伝えることができないのが、

旅なのだ。

こんな時代でも、

その時、その場所に

様々な人々が存在しなければ

旅は成立しない。

25年以上、こんな仕事をしている僕も、

いまだに答えが見つからない、、、

仲間たちとともに、

旅のすべてを伝えたい。

ウィルスに世界が奪われそうな今こそ、、、、

山本有助のインスタ

(C) PANDA TRAVEL AGENCY LIMITED All Rights Reserved.